FC2ブログ
ゲームと音楽とえとせとら
ゲーマー系ヴァイオリニストのマフルチェがゲーム、音楽、趣味の話、そして活動の宣伝をするブログ。
ゲーム暦64編
さーて、今日も書いていきますよ!
今日のお題はゲーム暦 ニンテンドー64編でございます!


ではでは早速まいりましょー!まずはこちら!

☆マリオカート64
マリオカート64
64と同時に買ってもらったゲームですねー。
本当はマリオ64の方が欲しかったのですが、きっとみんなで遊ぶことを考慮してくれたのでしょう、親はあえてこちらを買ってきました。

64のコントローラーってすっごく特殊な形してますよねー。
説明書を見てもあれのうまい持ち方が分からなくて、しばらく物凄い変な操作法をしていた気がしますw

100ccくらいまではトロフィーは取れたのですが150cc以降難しすぎて投げました。
ミラーコースがあると知って、頑張るものの私一人では難しく、弟と二人で協力してクリアした覚えがあります(´・ω・`)
私は後ろの方からここぞという時にサンダーやトゲゾーを放つという・・・。

マリオサーキットでしたっけ、ピーチ城が出てくるのには感動しました
タイムアタックモードでお城の周りをぐるぐるして、マリオ64との違いを探しまくったのはいい思い出ですw



次行ってみましょー!

☆スーパーマリオ64スーパーマリオ64
ニンテンドー64の原点ですね!
これは思い出がいっぱいある気がします(・w・)!
3Dのアクションには少なからず「すげー!」となりました。

このゲームの影響で、指をピョンピョンさせながら
「ヤッ!ホッホーイ!ヤッフウウゥゥゥ!!!」
と言うのが弟とのしばらくの流行になりましたw

羽帽子、透明帽子、メタル帽子の取得ステージにはびっくりしましたねwしかも赤コインスターがあるなんて!
メタルの音楽だけが特別で、ガチャガチャしたアレンジだったのは新鮮でした

特に好きだったのが海系のステージ。
静かな音楽、きらきらした水面、そして長くもぐっていると死にそうになる焦燥感、その全てにわくわくしていました



さてさてお次は!
☆ポケモンスタジアム
ポケモンスタジアム
これには苦戦しました!
なみのりピカチュウが欲しくてリーグに挑むのですが、何分個体値や努力値はおろか、種族値もわからなかった頃なのでメンバーにオニドリルとかそういうちょっと微妙な子が入るという!
当然、なみのりピカチュウには到達できず、ちょっと苦い思い出の残るゲームとなりました

あまり語ることも多くないので次です!

☆ヨッシーストーリー
ヨッシーストーリー
これを手に入れた頃はまだヨッシーアイランドも持ってなかった頃ですねー。
発売前から欲しくて欲しくてたまらなかったこのゲーム、可愛らしい雰囲気は好きだったんですが、

ヨッシーアイランドと違いすぎる!!

というのが第一印象でした・・・。

タマゴは反射しないし何よりゴールが無い!
まぁそれでも結構楽しめたんですけどね・w・!
攻略本は買わなかったので、白ヨッシーと黒ヨッシーを発見したときは感動しましたし、メロンコンプ(ほとんどできませんでしたが)の為にどこで何をすればいいかを検証したこともありました。

音楽の面では、クッパ城以外のステージの音楽が全部同じテーマだというのには当時びっくりしました。
同じ曲でこんなにもバリエーションが出る物なのか!と発見は多かったですw
このまえ久しぶりにやってみたら、操作感が微妙に悪くて全然出来ませんでしたorz


お次にまいりましょー!

☆マリオパーティー3
マリオパーティー3
友人宅でやったマリオパーティーが楽しくて、買ってもらいましたね、これは。
友達が来たとき以外は専らストーリーモードみたいなものをやってましたが、これが中々楽しかった!
特に、デュエルモードでしたっけ、あれが好きでした。
自分の前後にお供モンスターを引き連れて遊ぶモードだったと思うんですけど、いろんなモンスターを目押ししては同じモンスターボーナスを得て俺TUEEEEE!してましたw

一番難しいのに挑戦するころには飽きていたのですが、「むずかしい」くらいなら楽に倒せてた気がしますw



さて、64編で私が一番紹介したいのはこちら!

☆バンジョーとカズーイの大冒険
バンジョーとカズーイの大冒険
当時、CMが物凄く印象に残ってたんですよ、これ。

「バーンジョッカッズーイッ♪ ダンッダンッダンッ(殴」

「なぜトリが、なぜクマと!」

「キ ツ ツ キ アターック ガシャガシャガシャ」

というCMですね。これ、ほんっと印象的だったんです。
で、買ってもらっての感想。

メッチャ面白い!!

基本的にはマリオ64と同じような物なんですけど、なんなんでしょうね、クマとトリが良かったのか会話があるのが良かったのか、64ソフトの中では一番はまったような気がします。

音楽も凄く好きでしたねー。
同じステージでもエリアを移動すると少しずつ雰囲気が変わるので、移動している感がすごかったです。
おたからザクザクビーチのリゾート感は素敵でした!上昇しまくると音楽が消えちゃう演出が粋だなぁと感じました
後カッチコッチな森は四季があって、面倒でもありましたが、自分が起こした変化が時を経て実っている感覚が本当楽しかった!
このゲームはそれだけで記事が書けそうなくらい思い入れがありますねw

ですが次です!!
といっても続編ですw

☆バンジョーとカズーイの大冒険2
バンジョーとカズーイの大冒険2
セパレートアクションにより前作はほぼお荷物だったバンジョーさんに光が!
アクションの多彩さ、変身の楽しさ、そしてバンジョーのおっさん度合いがパワーアップしてたこの2作目。
ステージとステージが繋がっていたり、序盤ステージのくせに後半のアクションがないと何も出来ない場所があったりと複雑でおもしろかった!
ミニゲームも充実していて、友達と遊ぶもよしハイスコアを目指すもよし。
似たようなミニゲームが多かったといえばそうですが、でも全く同じものは無かったのではないかと思います(・w・)!

ただ、世界観とかがいまいち好きになれなかったのかなぁ、基本的には1の方が好きだったんですよねー。
ゲームとしてはかなり進化してたはずなのに不思議!

そういえば、このゲームのレア社って、任天堂と喧嘩したんでしたっけw
日本未発売だったと思うんですが、レア社最後の任天堂作品に「コンカー」というのがありまして、キャラは可愛いくせにひたっすら下品でグロテスクな作品なんですけど、タイトル画面で完全に任天堂にケンカを売ってたらしいですねw
うーん、SFCドンキーもバンジョーも面白かったのにもったいない!


つい2年位前にドンキー64も買ったのですが、時代の流れなのかどうかは分かりませんがイマイチ肌にあわなくてほとんどプレイしないまま眠っています
ミニゲームが使いまわしでかつ鬼難しいんだったり、バナナ集めのために全キャラでステージ走り回らないといけないのがなんだか面倒で・・・orz

ソフトが行方不明なので写真がありません(;m;)


というわけで尻切れトンボっぽくなってしまいましたが64編はここまで!
この頃からPSやらゲームボーイやらいろんな媒体で遊んでいたので一つ一つの思い出が薄めなきがします。

意外と覚えてないこと多いなぁ・・・。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © ゲームと音楽とえとせとら. all rights reserved.