FC2ブログ
ゲームと音楽とえとせとら
ゲーマー系ヴァイオリニストのマフルチェがゲーム、音楽、趣味の話、そして活動の宣伝をするブログ。
音階あれこれその1
この記事はこちらの音楽を聴きながらお読みください(・w・)



書きたいネタはいっぱいあるけど文章にまとめるのが難しいよー!
とか言ってたら二日間も過ぎていました!
こないだぼやいてた「なるべく毎日ブログを書こうと思ってるので」とはなんだったのか・・・
まぁともあれ今日こそ更新します!はい!



ところでところで!
世の中色々な音楽がありますよね!

明るい曲、爽やかな曲、ワクワクする曲、走りたくなる曲、穏やかな曲、希望に溢れた曲
暗い曲、絶望的な曲、ジメジメした曲、泣きたくなる曲、怖い曲、後ろめたい曲

本当に様々です。

身の回りに溢れている音楽ですが、耳にした時に感じるこういった感情はどういったところから連想されるのでしょうか?
その楽曲が持つ性格というものは、テンポやリズム感、使用する楽器、調等によって随分かわりますよね。
ではあらゆる要素の中で一番影響が強いものはどれなんだろう・・・と考えました。

これは主観ですが、私は調、細かく言えば音階だと思っています。



さて、今日のお題は…

♪ミドルチェの音楽講座〜音階あれこれ~
音楽講座2


☆音階とは
音階というのは、例えば

ドレミファソラシド↑ドシラソファミレド↓
といった具合に低い音から高い音へ、また高い音から低い音へ順番に音が並べられたものです。


実は音階はレから始まってもラから始まっても良いのですが、どの音から始まっても同じように聴こえるよう、一定の法則があります。

その法則の代表例が「長調短調」です。


☆長調・短調とは
長調、短調と言う言葉をご存知でしょうか。
多分義務教育内で一度は教えられているかと思われます。

ざっくりとした説明ですが、長調の音階は明るく短調の音階は暗く聞こえる音の並びをしているのです。


長調にはドレミファソラシドが存在します。
短調にもドレミファソラシドが存在します。

それぞれ何が違うのでしょう?
ミドル先生
違いは、音と音との距離にあります。小難しいので省略しますが以下のように並びます。


長調   全全全全全
      ドレミファソラシド

短調1  全全 全 全
      ドレ♭ミファソ♭ラ♭シド

短調2  全全全全 (下りは短調1
      ドレ♭ミファソラシド

短調3  全全増二半 
      ドレ♭ミファソ♭ラ シド

全、半というのは音と音との間隔ですがややこしいので、知りたい方のみ追記参照してください!
分からん!

まーややこしい説明聞くよりも音聴いた方が早いですよね!そうですよね!

さて、記事の冒頭でトルコ行進曲を聴いていただきましたね?
一人分くらいは聞き終えた頃でしょうか、あるいは途中かもしれません。

もしかしたらもう嫌な予感がしてる人もいらっしゃるかもしれませんが、今お聴きのトルコ行進曲は一旦止めて頂まして、

こちらをお聴きください



(゜w。)(。w゜)(゜w。)(。w゜)(゜w。)(。w゜)(゜w。)(。w゜)(゜w。)(。w゜)

妙なことになっていますよね!動画タイトルにあるように、曲中の長短が逆転しています!
まるで全く別の曲のようですw

この方のトルコ行進曲シリーズは本当に面白いですw

ところで、今日の記事の途中で、「実は音階はレから始まってもラから始まっても良いのですが」と言いました。
それはすなわち調の概念になるのです。
音をきれいに同じ幅だけずらすことを「移調」というのですが、トルコ行進曲の部分部分を移調しながら演奏されたバージョンがこちら

なんかちがう!ということはお分かりいただけましたでしょうか?
それぞれの部分で音楽はしっかり成立していますね!

長短や調が違うとこんなにも雰囲気が変わるものなのですねぇ。
そして、そんな長短や調をがっつり支配している音階さんはものすごい方なのです!


さてさて、今回は理論の話だったので少し難しくなってしまいました。

そして実は!私が本当に話したいことは今日の記事には収まっておりません!
ゲーム曲に関連する記事になるはずだったんですが、そこまで書いちゃうと情報が膨大すぎて・・・(*゚Д゚*)

近いうちに「音階あれこれ2」として記事を書きますね!

「あの曲にそんな秘密があったなんて!」

と思っていただければなぁと思っています(・w・)!



それでは皆様
ごきげんよー
ごきげんよー♪
●音程の話
音階の話しようと思うと前提知識がたくさん必要すぎたのかもしれません・・・;

全ての音にはフラット♭の音(低い)真ん中の音シャープ♯の音(高い)があります。♭や♯はピアノの鍵盤の黒い部分だと思っておけばおおよそ合ってます。(厳密にはちょっと違います
黒鍵


音程というのは音と音との距離のことなのですが、その単位を私たちは「度」と呼んでます。
同じ音は1度、隣の音は2度、ふたつ先の音は3度・・・といった具合です。
この時の「隣」とは、階名のことです。
ド←→レ←→ミ←→ファ←→ソ←→ラ←→シ←→ド

※例(左が低い音、右が高い音
ド←→ド 1度
ド←→レ 2度  レ←→ド 7度
ド←→ソ 5度  ソ←→ド 4度
ラ←→ド 3度  ド←→ラ 6度
音度
更に、その距離が近いか遠いか、あるいは音波の比率によって減○度、短○度、長○度、増○度、完全○度などと呼び方が変わりますが難しすぎるので省略します。

●全音半音
また、度以外にも全音、半音という音程関係の表し方があります。
鍵盤で見て、隣なら半音、ひとつまたぐなら全音です。
全音半音

説明することの難しさに中の人こんな感じお疲れ様
ややこしいところ最後まで読んでいただいてありがとうございました!!!
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


うおおホントだ、ホントに曲の印象がまるで違ってきますね。
長調ー!とか短調ー!とか言われると
長いとか短いとか分からないからもう中くらいの長さでいいじゃーん!!と、
それだけでもうアレルギー反応を示しちゃうんですが、
実際に聞いて見ると凄く納得出来ましたです。

曲が持つ「表情」って、こういった手法で表現しているんですね。
使うキーをちょっとずらすだけでもこれだけ違うんですねえ…
何だか魔法のようです。

ていうか、黒い子お邪魔な子じゃなかったんですね!(素
押しても変な音鳴りますし、お邪魔ブロックかと思ってました!
卯月遥 | URL | 2013/06/28/Fri 02:23 [編集]
デフレスパイラルに続き中くらいの長さ、お邪魔ブロック・・・
卯月さんの着眼点にはすごく笑わされますwもちろん良い意味でです!

ややこしい説明にはやっぱり分かりやすい例が必要ですよね。
このトルコ行進曲の人にはどれだけ感謝してもし足りないですw

もちろん調以外にも表情になる要素ってたくさんあるんですけどねー。
いつか他の要素にも話を広げようかなぁどうしようかなぁと考え中ですw

それにしても音楽理論って複雑です@@
でもその複雑な理論だけでは素敵な物は書けないし、作曲家の方々はどんな頭してるんだろう、と常々思います。魔術師だなぁ。
マフルチェ | URL | 2013/06/28/Fri 18:36 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © ゲームと音楽とえとせとら. all rights reserved.