FC2ブログ
ゲームと音楽とえとせとら
ゲーマー系ヴァイオリニストのマフルチェがゲーム、音楽、趣味の話、そして活動の宣伝をするブログ。
金管楽器について
今日は昨日に引き続き、金管楽器の紹介をして行こうと思います。
木管五重奏コンサートに向けてしばらく真面目な記事が続きますご了承くださいー



♪ミドルチェの音楽講座〜金管楽器について〜
音楽講座2


☆金管楽器とは
金管楽器とはその名の通り金属製の管楽器のことです。
(そういえば昨日書き忘れたのですが管楽器とは息を吹き込むことで音を鳴らす楽器の総称です。
馴染み深いものとしてはリコーダーなんかが挙げられますね。)


今日紹介します金管楽器は、俗に言うラッパの一族です
木管楽器がそれぞれ楽器ごとに構造が違っていたのに比べて、金管楽器は基本的な構造は皆同じです。
丸いマウスピースに唇を当てて、唇を振動させて音を鳴らします。電話の「プルルルル」という音の真似をする感じです(吹奏楽部体験入部時の知識)
楽器の端はベルといい、アサガオの花ような形に開いています。
マウスピースからベルまでは基本的に一本道で出来ています。
どの楽器も、基本的な発音方法が同じで構造も似ているため、音色は木管同士よりも金管同士の方が似てくるのです。


☆楽器の種類
西洋音楽で使われる金管楽器は大きく五種類あります。
・トランペット
・ホルン
・トロンボーン
・ユーフォニアム
・テューバ

例によって画像はリンクを参照して下さい(・w・;)


・トランペット


いわゆるラッパです。
金管楽器の高音部を担当します。
勢いのある煌びやかな音色が特徴で、ファンファーレが良く似合います。
元々軍楽にもよく使われていたので、勇ましい旋律は大得意なのです。吹奏楽の花形ですね。
ですが、柔らかな音も侮れることなかれ、例えばドラクエⅤの「王宮のトランペット」なんかはとってもノーブルな音がしていますね。


・ホルン

ホルンの活躍は1分20秒辺りから。

カタツムリのような形をした丸い楽器です。
見た目の期待通りまろやかな音をしていて、少しこもった特徴的な音色をしています。
音程を正確に当てるのが難しく、演奏にはかなりのテクニックが必要な楽器でもあります。
オケでも吹奏楽でも裏打ちや伸ばしなど、伴奏に徹することが多いですが、一度勢いを手に入れると思いっきり音を割りながらバリバリ吹かれる一面もあります。かっこいいです!
楽器の起源は角笛(horn)で、狩りの時によく使われていました。狩り中、ホルンは合図に使われていたため、構えたときにベルが後ろを向くように設計されたそうです。その名残で今でもベルが横に向いているそうですよー。


・トロンボーン

2分半頃、トロンボーンにしか出来ない特徴的な音が現れます。
管の長さを、スライドによって手動で変えて音程を作る楽器です。アナログに音程を作ることが出来るので、他の金管楽器にはない特徴的な音を出すことも出来ます。楽器紹介の鉄板曲はゲゲゲの鬼太郎
構造がシンプルな分音はまっすぐで勢いがあります。
トランペットと同じくファンファーレなどでも使われますが、神の楽器と呼ばれとても神聖な楽器だったらしく、世俗的な音楽は演奏してはいけなかった時代があるそうです。。


・ユーフォニウム

ユーフォの華々しいソロは2分頃から。
吹奏楽でよく見かけるこの楽器の歴史は浅めで、1830年頃に開発されたそうです。
。管の長さがトロンボーンと同じくらいなので音域もほぼ同じなのです。トロンボーンよりも巻き巻きな分音はまろやかになります。
構造は後で紹介しますテューバをそのまま小さくしたような感じで、ベルは上を向いています。


・テューバ
金管楽器の最低音を担う巨大な楽器です。
低音楽器故に旋律的に活躍する曲を探すのが難しかったので今回は動画は割愛・・・すみません。
テューバはとにかく大きい上、全身が金属です。
その重さはなんと!10から15kg!
さらに長さは最長9m60cm!
太く長く曲がりくねった管を鳴らすために必要な肺活量は計り知れないですね。



昨日今日と、管楽器に関する簡単な紹介をしました。
どの楽器も個性的で、オーケストラってたくさんの音で出来ているんだなあと、私自身再認識させられましたw
目つぶりVnマフ
ヴァイオリンだけじゃなくて、色んな楽器のことを知るのは大切ね。




さて、ここまで管楽器のことを知っていただいたところで、やっと問題の「木管五重奏」について書けそうです!
私は一体何を話題にしたいのか・・・。
それは、このページをよく見てみると分かるかもしれない・・・。

ともあれ今日はここまで!
それでは皆様
ごきげんよー
ごきげんよー♪
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © ゲームと音楽とえとせとら. all rights reserved.